スニッファー ウクライナの私立探偵

繊細で短気で自己中、人並み外れた嗅覚を持ち、ニオイで全てがわかってしまうという能力の持ち主であるスニッファー。アレルギー性鼻炎に悩まされながらも、その能力を活かして探偵をしている。解決率の高さから報酬は高額だが、世界中から依頼が後を絶たない。普段は、鼻にフィルターを装着することで、社会と自分自身に壁をつくって、人と関わることを極力避けながら暮らしている。ビル1棟を所有、ニオイの種類を特定したり、事件現場に遺されたニオイを再現、研究するための最新鋭の機材を備えたラボ、高性能の空調設備を完備した部屋に1人で住んでいる。特殊能力を持つがゆえの孤独を宿命として受け入れている。彼と関わるということは、秘密も持てず常に彼に全てを見透かされている状態でいるということ。そんなことに耐えられる人はいるのだろうか? 連邦捜査局SBI (State Bureau of Investigation) 第1課の特別捜査チームの捜査官ビクトルは進んでスニッファーにやたら絡んでくる人物。当初ビクトルからの個人的な依頼で捜査に協力していたスニッファーだったが、第4話からはSBIの臨時職員として捜査に加わりながら、個人的な依頼もこなすことに。

スポンサード リンク

シーズン数: 1 エピソード数: 8

最新履歴

  • 2017-05-16 12:56:22 新規追加 シーズン数: 1 エピソード数: 8
戻る

スポンサード リンク

スポンサード リンク