SADA 戯作・阿部定の生涯

神田の畳屋の娘・定は、14歳のとき、処女を奪われる。そんな定を慰めたのが医学生の岡田で、定は岡田に恋をする。が、彼はハンセン氏病で、定の手にナイフを残して姿を消す。芸者から売春婦になった定は各地を転々、やがてパトロンの立花の勧めで料亭「きく本」に住み込みで働き出す。しかし定は主人の龍蔵と深い仲になり、二人で旅館に入り浸る…。

スポンサード リンク

最新履歴

  • 2017-02-22 12:56:31 新規追加
戻る

スポンサード リンク

スポンサード リンク