RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語

ただ、がむしゃらに生きてきた。気がつくと、多くのものを失っていた。だから、私は決意した。自分らしさを取り戻し、私らしく生きるために。一流企業に勤める49歳の筒井肇は、家庭を顧みず、忙しく仕事に追われる日々を送っていた。会社での立場は確立するが、妻や娘の心は離れるばかり。そんなある日、故郷の島根で一人暮らしをしている母が倒れたとの連絡が入る。追い打ちをかけるように、同期の親友の事故死の知らせが…。肇はそれをきっかけに仕事一筋の人生に疑問を抱き始める。

スポンサード リンク

最新履歴

  • 2013-07-19 00:57:33 新規追加
戻る

スポンサード リンク

スポンサード リンク