K-20 怪人二十面相・伝

舞台は、現在と全く違った発展を遂げた日本―架空都市《帝都》。19世紀から続く華族制度により、極端な格差社会が生まれ、帝都の富の9割は、ごく一部の特権階級―華族に集中していた。そんな中、富裕層のみをターゲットとし、次々と美術品や骨董品を、魔法のような手口で盗んでしまう《怪人二十面相》の出現が世間を騒がせていた。人は彼を“K-20”と呼ぶ―。

スポンサード リンク

最新履歴

  • 2017-03-18 12:56:38 新規追加
戻る

スポンサード リンク

スポンサード リンク