いけちゃんとぼく

“いけちゃん”は不思議ないきもの。いつの頃からかヨシオのそばにいる。ヨシオにしか見えないし、色も形も変幻自在。お父さんが死んだときも、いじめられたときも、いつも一緒にいてくれた。だが、ヨシオが成長するにつれ、その姿はだんだん見えなくなっていき、とうとう最後の日にいけちゃんはヨシオにあることを打ち明ける。それはあまりにも切ない告白だった…。

スポンサード リンク

最新履歴

  • 2015-03-13 14:55:54 新規追加
戻る

スポンサード リンク

スポンサード リンク