ALWAYS 三丁目の夕日

昭和33年、東京下町の夕日町三丁目。ある日、鈴木則文が営む自動車修理工場・鈴木オートに、集団就職で上京した六子がやってくる。しかし、思い描いていたイメージとのギャップに、少しがっかりした様子。その鈴木オートの向かいにある駄菓子屋の店主で、しがない小説家の茶川竜之介。彼はひょんなことから、一杯飲み屋のおかみ・ヒロミのもとに連れてこられた身寄りのない少年・淳之介の世話をすることになるのだが…。

スポンサード リンク

最新履歴

  • 2015-12-16 14:55:58 新規追加
  • 2016-06-01 00:58:28 削除
  • 2017-01-04 10:57:05 更新
戻る

スポンサード リンク

スポンサード リンク