20世紀少年 ―第2章― 最後の希望

“血の大みそか”から15年後の2015年。歴史では、2000年の巨大ロボットによる人類滅亡計画は、悪魔のテロリスト、ケンヂとその仲間が行ったものとされ、それを阻止した“ともだち”は救世主と崇められていた。高校生になったケンヂの姪・カンナは、そんな“ともだち”中心の国家に反抗し、問題児とみなされ、遂には“ともだちランド”での研修を命じられることになり…。

スポンサード リンク

最新履歴

  • 2017-02-18 14:56:29 新規追加
戻る

スポンサード リンク

スポンサード リンク